スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



紙型で焼いたシフォン

こういう紙製のシフォン型を買いました↓


スモールシフォン シンプルロゴペット蓋付 SC838A (小)

実験したくて、1個犠牲にしました。
まっちゃ2

側面のミシン目からパリパリっと剥いでいきます。
結構きれいにはがれるものですね~

まっちゃ

剥き身にしてみました。(一部損壊)

抹茶の米粉シフォンです。
見た目普通だけど・・・

なんかこれあんまりおいしくない(-_-;)
抹茶入れすぎたのかな?
あと食感もイマイチ・・・
前紅茶の時はおいしかったんだけどな~。

抹茶に関しては米粉より小麦粉の方が私は好きかな。
焼きが甘かったのかな・・・

またつくろ!!








コメント

こんばんは✿
抹茶ってなんかキメが粗くなりますよね。
何故でしょう。
抹茶をシフォンに入れる場合、
卵白を卵黄生地に混ぜ合わす直前
卵黄生地に粉+抹茶を混ぜた方が良いと聞いたことがあります。
1回も試した事は無いですが(爆。

そうそう、新しい方にリンク頂いちゃいました(✪ฺܫ✪ฺ)
こちらのリンクも新しくさせていただきますね~✿
こんにちはー
 抹茶は吸水が多いので、ちゃんと膨らませるのは苦手です。
 紅茶のときも紙型でされたのでしょうか。もし違っていたのでしたら、紙と金属で違う火の通り方が原因かもしれないです。違っていないのでしたら、うーんですが…。
リコさんへ♪
あっ、ブログ新しくなったのですもんね。
リンクありがとうございます。

抹茶は直前に~かぁ。
抹茶の量が影響したのでしょうかねぇぇ。
リベンジする気も失せるほどマズかったので
しばらく抹茶シフォン作りたくないです(爆)
だまさんへ♪
ああ、吸水。
それはあるかも~~~
結構量を入れてしまった気がするので・・・
なんとなくモケモケした感じがしました。
紅茶の時は100均の12cmの金属製のやつでした。
実はそれと、紙と同時に焼いたのですが、
紙の方が早く焼けてきて、ヘンなことになってしまいました。
今度は原因を探求すべく
紙で紅茶シフォン焼いてみようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

RSSリンクの表示
アレルギーフリーレシピもあるよ!
コレクルにて公開中です
リンク
QRコード
QR
PR
登録するとレシピが見れる!高橋雅子、加藤千恵、柿沢安耶、小山進、辻口博啓
お気に入りリンク集
    RSSデータ読み込み中……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。